JR埼京線沿線の物件特集

■JR埼京線とは?

JR埼京線は渋谷・新宿・池袋といった東京都心の西側エリアから、さいたま市大宮区までを接続しており、路線案内上のラインカラーは緑です。山手線、赤羽線、東北本線の3つの路線で構成されていますが、通称としてJR埼京線という名称が使われています。都内の主要エリアまで乗換なしで到着できることから、2013年現在の乗車率は首都圏第4位に位置しており、非常に利用者の多い路線になっています。また、日本一通勤快速の本数が多い路線であり、埼玉から東京都心部までのアクセスを支えています。

■JR埼京線のココが魅力!

JR埼京線の起点である大宮駅周辺は商業都市として発展。特に1980年代以降は鉄道施設を中心に地域が栄え、現在では百貨店やオフィスビルが林立しています。また、駅ビルやショッピングセンターなども多く進出し、仕事帰りや休日のショッピングにも最適です。大宮駅から都心までは30分以内で到着できるほか、複数の乗り入れ路線があるため、アクセスロケーションは文句なし。さらに、埼京線は「通勤新線」と呼ばれるだけあって、沿線駅周辺にオフィスを構える企業も少なくありません。

上記路線名の緑色の背景色の駅名をクリックいただくと最寄駅の物件が表示されます。

条件を変えて再検索

価格
間取り
物件タイプ
物件状況
耐震・エコ
こだわり条件
選択条件をリセットする