日暮里・舎人ライナー沿線の物件特集

■日暮里・舎人ライナーとは?

日暮里・舎人ライナーは東京都荒川区から足立区までを結ぶ鉄道路線です。地域住民と協議しながら決定されたシンボルカラーは、日暮里側は荒川や隅田川といった水辺を、舎人側は舎人公園や住宅街をイメージしたものになっています。都市計画事業の一環として1985年に計画が行われ、日暮里・舎人ライナーの駅名は2006年に一般公募で決定されました。開業年度は2008年。なお、路線建設の際、一部の駅では交通広場としてタクシーや路線バスの乗降場も整備されました。

■日暮里・舎人ライナーのココが魅力!

日暮里・舎人ライナーは、日暮里駅や西日暮里駅で常磐線・京浜東北線・山手線といったJR東日本各線や、京成電鉄などに接続できる路線であることから、東京都内への通勤・通学を目的とした乗降客の足として機能しています。また、沿線や各駅の周辺には住宅街が広がり、公園などの緑地環境も整備されているため、小さいお子さんの育児にも適した環境となっています。日暮里・舎人ライナーはこのような住宅街から都内の商業エリアまでを縦断する路線となっているため、休日にショッピングへ出向く際にも大変便利です。

上記路線名の緑色の背景色の駅名をクリックいただくと最寄駅の物件が表示されます。

条件を変えて再検索

価格
間取り
物件タイプ
物件状況
耐震・エコ
こだわり条件
選択条件をリセットする